読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【S17 最高2108 最終2042】秘密の力ガルーラ&ゴツメボルト軸対面構築 改

 

初めましての方は初めまして。そうでないかたはお久しぶりです。とよと申します。TNはミントです。

 

S17、皆さんお疲れ様でした。ORAS環境での最後のシーズン、ということでいつもより気合を入れて臨まれた方も多かったのではないでしょうか。自分もそのクチで、S12以来久々にがっつりレートに潜っていました。

 

前置きはこの辺にして、パーティ紹介に入ります。S17で使用したパーティは以下の2種になります。どちらもS12において使用した以下のパーティを原案として作成しているので、もしよろしければそちらにも目を通していただけると幸いです。

tpoket-poke.hatenablog.com

 

1900まではニンフィア入り、それ以降はマリルリ入りを使用しました。

 

~1900 ボルトガブガルゲンバシャニンフ

f:id:tpoket:20160913204941p:plain

 

1900~

f:id:tpoket:20160913204942p:plain

【個別紹介】

f:id:tpoket:20151119124224g:plain

ボルトロス@ゴツゴツメット

図太い

努力値:220-0-248-4-0-36 (個体値:V-偶-U-V-V-V)

実数値:182-x-133-145-100-136

技構成:10万ボルト/目覚めるパワー氷/気合玉/電磁波

 

このパーティの中核。こいつなしでは何も始まらないといっても過言ではないポケモン。相手のガルーラやボーマンダファイアローにめっぽう強く、削り+麻痺まきをするという役割を担っています。初手において相手パーティを雑に削りにいくのもよし、裏に控えさせて、役割対象に後出ししていってもよしといったポケモンです。

調整は、最速キノガッサ抜き抜きかつHB方面をできるだけ固くした、という感じです。S17で使った個体はS12でのものと違い、友人から借りたものなので詳しい調整はわからないです笑。

S12の時は気合玉の枠に挑発を入れていましたが、今回は気合玉を採用しました。理由は、攻撃範囲が格段に広がることによって削りを行えるポケモンが増え、ボーマンダ+マンムーファイアロー+ナットレイといった役割対象+その取り巻きという並びに強く出ることができるためです。また気合玉があることで、ガルーラを突破できる確率がかなり上昇するので、それだけでも採用価値はあると思います。外れたら台パン。

 

選出率82.4% 選出時先発率27.6% 選出時勝率65.9% 

 

f:id:tpoket:20151119124307g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-x-105-169

技構成:逆鱗/地震/ストーンエッジ/ステルスロック

 

特に語ることもないスカガブ。自分は宗教上の理由で陽気スカガブしか使えないので性格は陽気にしました。火力が足りなくなる分、周りでうまく削ってあげましょう。

調整はASぶっぱの余りB。特に語ることもないですね。

S12の時はステルスロックの枠が炎の牙でした。今回は後述のガルーラが炎技持ちなので、ガブリアスに炎技を仕込む必要性が薄いと感じ、前から興味のあったステルスロックを入れてみました。これにより、サイクルの中でステルスロックを撒くという仕事もこなせるので、使用感は良かったです。

 

選出率36.6% 選出時先発率3.1% 選出時勝率55.5%

 

f:id:tpoket:20151119124136g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り

努力値:132-236-116-0-4-20

実数値:197-192-135-x-121-123 (メガ後)

技構成:秘密の力/不意打ち/グロウパンチ/炎のパンチ

 

最強メガ枠その1。秘密の力+不意打ちによる対面性能や、グロウパンチによる強引な崩しや抜き、さらには3割の麻痺撒きなどもこなす万能親子。†ガルーラに不利対面はない†

調整ですが、秘密の力+不意打ちでのガブリアス突破率を高め、最低限のSを確保しつつ、B方面に厚い調整ということで、以下の記事を参考にさせていただきました。 

iwao-poke.hatenablog.com

無断リンクとなってしまっているので、問題がありましたらすぐに対応しますので連絡をくださると幸いです。)

 

B方面の耐久はかなりあり、安心して動かすことができました。

S12では炎のパンチの枠が岩雪崩でしたが、今回は炎のパンチを選択しました。これにより鋼への打点を得ることができたので、さらに選出しやすく感じました。岩雪崩がないことで物理受けへのゴリ押し性能は若干減少しましたが、グロウパンチ+秘密の力でゴリ押しできなくもないので特に困らなかったです。

今シーズンでも2100チャレンジにてこいつが有効急所を引いて勝つことができたのでやっぱガルモンだなって感じました。

 

選出率56.9% 選出時先発率51.0% 選出時勝率60.2%

 

f:id:tpoket:20151119124313g:plain

ゲンガー@ゲンガーナイト

臆病

努力値:108-0-204-0-0-196

実数値:149-x-126-190-115-192

技構成:祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり

 

最強メガ枠その2。影踏みによって相手のきついポケモンをロックし、削りor突破していく。催眠術もあるので、勝ちの目が薄いときでも6割で戦況がひっくり返ると考えるととんでもなく強い、と考えています。

調整ですが、S12の時にはCSぶっぱで、耐久がなく使いにくい印象だったので、耐久にかなり厚く振った調整として以下のものを参考にしました。

 

blog.livedoor.jp

(こちらも無断リンクとなってしまっているので、問題がありましたらすぐに対応しますので連絡をくださると幸いです。)

 

S12の時と比べ、技構成は変わっていないものの、配分が大きく変わっており、それによりかなり使いやすく感じました。この型はいかに催眠術の試行回数を増やすかが重要であるので、それを意識しながら立ち回りました。ただ、ガルーラに対してあまり強く出れなかったので、身代わりの枠は道連れでもいいかもしれないです。

選出率40.6% 選出時先発率32.8% 選出時勝率68.5%

 

f:id:tpoket:20151119124316g:plain

バシャーモ@ラムの実

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:155-189-90-x-91-132

技構成:フレアドライブ/飛び膝蹴り/鬼火/守る

 

ラムのみを盾にしながら上から炎と格闘の高打点を叩き込んでいき、さらに鬼火で起点も作ることができるお気に入りの型。うまく鬼火を合わせればカバルドンを崩すこともできます。

調整はASぶっぱの残りDです。

S12の時と同じ調整・技でしたが、S12当時よりもクレセリア入りのパーティの数がかなり増えており、あの時よりは出しにくさを感じました。

今シーズン鬼火と飛び膝を外しまくって、自分を不快にさせたランキング一位です。技をしっかり当ててくれればとても強いですが、外すとリカバリーが効かないのがつらかったです。

 

選出率41.2% 選出時先発率60.5% 選出時勝率61.9%

~1900

f:id:tpoket:20160913212810g:plain

ニンフィア@こだわりメガネ

控えめ

努力値:164-0-92-216-8-28 (個体値:V-x-V-U-U-V)

実数値:191-x-97-172-151-84

技構成:ハイパーボイス/サイコショック/目覚めるパワー地面/破壊光線

 

1900までは使ってみたかった眼鏡ニンフィアをパーティに突っ込んでみてました。ものすごい火力が出るのでとても楽しかったです。

調整は、特化メガバシャーモフレアドライブを最高乱数以外耐え、Sは無振り60族+4、あまりCDといった調整です。これだけHに振るとCSメガゲンガーのヘドロ爆弾も耐えることができます。

技ですが、安定打点のハイパーボイス、毒タイプへの打点となるサイコショックヒードラン意識の目覚めるパワー地面、ラス1対面で真価を発揮する破壊光線、の4つにしました。特に破壊光線はとても火力が高く、ラス1対面で数多くのポケモンを粉砕しました。とても楽しかったです(2回目)。

 

選出率41.8% 選出時先発率 30.6% 選出時勝率65.3%

 

1900~

f:id:tpoket:20151119124321g:plain

努力値:100-252-4-0-12-140
実数値:188-112-101-x-102-88
技構成:叩き落とす/アクアジェット/腹太鼓/守る
 
1900~のレート帯ではガルクレセ系統のパーティをよく見たので、それらのメタとして、ニンフィアからマリルリに変えました。
調整はS12のものと変わりません。簡単に言うと、Aぶっぱし、Sにあまりに振らない60族のポケモンを大体抜けるようにSに振って、余りを耐久に振り分けました。
技ですが、S12のころは守るの枠はじゃれつくでしたが、今回ガルクレセメタに特化させるためにじゃれつくを切って守るを入れました。これによりガルーラの猫だましを防ぐことができます。ただ、じゃれつくがないと対応範囲はかなり狭まるので、ガルクレセ以外にはかなり出しにくいポケモンになってしまいました。序盤にレートを上げるためならじゃれつくのほうが100%いいです。
 
選出率38.1% 選出時先発率0.0% 選出時勝率61.9%
 
 
 
 
選出パターンは、ボルトロス+メガ枠+何かという形が多かったと思います。両メガ選出やメガなし選出もしましたが、割合としてはそこまで多くなかったと思います。選出時の段階である程度試合の流れを読みながら選出していく形になります。
 
きついポケモンはたくさんいますが、その中でも特にきついのがけたぐりもちの珠ゲッコウガですね。というかゲッコウガが重くないパーティって存在するの?って感じですが笑。
 
 以上で構築記事を終わります。ここまで見てくださってありがとうございました!
何か質問がありましたら、コメントかTwitterの@tpoket14までお願いします。
 

 

(最高レート)

f:id:tpoket:20160914011957j:plain

 
(最終レート)

f:id:tpoket:20160914011954p:plain