読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポケモンSM シーズン3(?)】 カバルドンゲンガー 【Showdown 1700↑】

 

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりです。

とよです。

 

今回はShowdownで試運転中にレート1700を超え、シーズン3でがっつり使っていく”予定”だった構築の紹介をさせていただきます。

 

リアルの予定が忙しいのと、個体調達が間に合わないのと、単純にこの構築に飽きたというのが構築の紹介に至った主な理由です。

 

 

それでは構築の紹介に移ります。

 

f:id:tpoket:20170515151023p:plain

 

 

メガゲンガーやっぱ強いよなぁ、催眠祟り目やっぱ対策しにくいよなぁと感じたので、催眠メガゲンガーから構築を組み始めた。

 

メガゲンに関する既存の構築を調べていると、以下の構築を発見。使ってみたかったのでこの三匹を丸ごとパクりました。(リンク問題あるようでしたら消します)

カバゲンカグヤ - Never-Ending Sweet Dream

 

あとはカバルドンに強いポケモンに強く、胞子でゲンガーとシナジーのあるキノガッサ、カバリザ偽装になり、催眠の聞かないカプコケコおよびその取り巻きに強く出れそうなメガリザX、ストッパー兼受けループ対策としてミミッキュを採用しました。

 

以下個別紹介です。

 

 

 

カバルドン@イアの実

特性:すなおこし

性格:腕白

実数値:212-132-156-x-124-67

努力値:228-0-28-0-252-0

技構成:地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

起点作成用のカバルドン。技構成は特に語る必要もないと思います。

調整はメガリザYのオバヒ高乱数耐え残りBとかだった気がします。

使ってて思いましたが、慎重HDのほうがいいです。この調整だとコケコの草結び2発で飛ばされてしまうので。。。

 

初期は出しやすかったですが、最近ではカバルドンへのマークが厳しく、出しにくいと感じることが増えた印象です。

 

 

ゲンガー@ゲンガナイト

特性:呪われボディ

性格:臆病

実数値:135-x-81-182-95-178

努力値:0-0-4-252-0-252

技構成:祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり

 

所謂素催眠ゲンガー。前述のカバルドンが作った起点の前で身代わりを貼り、それを盾に相手を崩していくこの構築のエース。

役割、構築的に技構成、努力値はこれしかないと思っています。

 

催眠術を打つ際はなるべく試行回数を増やせるように立ち回ります。が、どうしようもなくなった時はしょうがないので催眠術押して天に祈ります。(なお外れる模様)

 

 

テッカグヤ@ヒコウZ

特性:ビーストブースト

性格:臆病

実数値:197-x-124-131-125-124

努力値:196-0-4-28-28-252

技構成:エアスラッシュ/宿木の種/ボディパージ/身代わり

 

 

ゲンガーと相性のいい竹。ゲンガーがスカーフ地震とかスカーフサイキネとかでやられた際にこいつを出して起点にしていきます。

 

この技構成だと、ステロを撒いておけば炎タイプの後出しにも対応できるのが優秀だと感じました。ですが、電気タイプ入りにはとても出しにくいので、電気が見えた時は選出を控えるかカバルドンorリザードンとセットで出すことを心がけました。

 

 

ヴォォォォォォォイイイイ!!! 宿木外してんじゃねーぞ逃がすぞゴルルァ!!!!

 

 

キノガッサ@気合の襷

特性:テクニシャン

性格:陽気

実数値:135-182-100-x-80-134

努力値:0-252-4-0-0-252

技構成:種マシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子

 

対面性能の塊。カバルドンが苦手とするアシレーヌやカプレヒレが見えた時は積極的に選出します。そうでなくとも困ったら選出していました()

とにかく腐りにくいので出すと何かしらの仕事をしてくれます。

 

 

テッカグヤの宿木と合わせて相手のカバルドンを襷を残しながら突破したときには、素直に射〇ですって感じでしたね。

 

 

リザードン@リザードナイトX

特性:猛火

性格:陽気

実数値:175-112-101-x-106-167

努力値:172-60-20-0-4-252

技構成:ドラゴンクロー/ニトロチャージ/鬼火/羽休め

 

 

鬼羽リザードンX。こいつは選出できる相手を選びますが、刺さる相手にはこいつ一匹で相手を全員ぶち〇してくれたりします。

コケコランドグロスみたいな並びには強く出れます。ミミッキュに強いのもGood。 

ただパワーはないのでそこは注意。

 

 

鬼火外したら負けます(真顔)

 

 

ミミッキュ@ゴーストZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値:131-156-100-x-125-148

努力値:4-252-0-0-0-252

技構成:シャドークロー/じゃれつく/挑発/剣の舞

 

 

挑発剣舞ミミッキュ。 サイクル気味の構築はこいつで崩して裏を通すプランを考えます。

雨パや積展開構築に対してもストッパーとして出すことができ、崩しに寄せても特性のおかげで対面性能もあるミミッキュの強さを再認識しました。

 

影うちもほんとは入れたいですが技スぺの都合上泣く泣く切りました。

 

 

 

 

 

きつい相手はミミッキュで崩せなさそうなサイクル構築。あとは相手の炎に先に展開を許すとぼこぼこにされます。

 

 

命中不安技が多くて技外しで負けることにイライラが止まらなくなったので、また新たな構築を探しに行く旅に出ます。催眠術はいいとして宿木2連外しとか普通にあるからなぁ。。。

 

シーズンが終わるたびに、来シーズンは潜る潜る詐欺をしているので、来シーズンこそは絶対に潜ります。

 

f:id:tpoket:20170515173450p:plain

 

↑いつぞやのShowdownのレート画面

 

 

 

 

以下、Showdown用テキスト

 

Hippowdon @ Figy Berry
Ability: Sand Stream
Level: 50
EVs: 228 HP / 28 Def / 252 SpD
Impish Nature
- Earthquake
- Stealth Rock
- Yawn
- Whirlwind

Charizard @ Charizardite X
Ability: Tough Claws
Level: 50
EVs: 172 HP / 60 Atk / 20 Def / 4 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Dragon Claw
- Flame Charge
- Will-O-Wisp
- Roost

Mimikyu @ Ghostium Z
Ability: Disguise
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Adamant Nature
- Play Rough
- Shadow Claw
- Taunt
- Swords Dance

Celesteela @ Flyinium Z
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 196 HP / 4 Def / 28 SpA / 28 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Air Slash
- Substitute
- Leech Seed
- Autotomize

Breloom @ Focus Sash
Ability: Technician
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe
Jolly Nature
- Bullet Seed
- Mach Punch
- Rock Tomb
- Spore

Gengar @ Gengarite
Ability: Shadow Tag
Level: 50
EVs: 4 Def / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Hex
- Sludge Bomb
- Hypnosis
- Substitute

 

【ポケモンSM】7世代式ガルーラ軸対面構築【Showdown 1670↑】

お久しぶりです。とよです。

 

サンムーンが発売されてから一発目の記事なので、もしよければ見ていってください。

ちなみに実機ではまだ回していません()。

 

 

では早速パーティ紹介に移ります。

 

f:id:tpoket:20161213150329p:plain

【個別紹介】※採用順

 

ギルガルド@気合の襷

特性:バトルスイッチ

性格:おっとり

実数値:135-71-153-112-170-112

努力値:0-4-0-252-0-252

技構成:シャドーボール/ラスカーカノン/めざめるパワー氷/影うち

個体値:U-V-U-V-V-V

 

パーティの出発点。シーズン1で使えるポケモンを眺めていた時に襷ガルドで勝てなさそうなポケモンがあまりいなかったこともあり、こいつから構築し始めました。

技はタイプ一致の安定打点のシャドボとラスカ、先制技の影うち、ドラゴン対策のめざ氷の組み合わせが対応範囲の一番広いものになると考え、そうしました。

技構成が特殊寄りだったので当然努力値もCに補正をかけてCSぶっぱ。Aも削れないので、BとDのどちらを削るか考えてとりあえずBを削ってみた、ってことで性格はおっとりになりました。

今のガルドは弱点保険、残飯などがメジャーであり、襷なら†意表がつける†と思った、というのもあります。

 

雑に初手に投げやすく、ほとんどのポケモンに対面から勝てるのでかなり使いやすかったです。

相手が変に深読みして襷がけずれることなく1匹持っていけるとほぼ勝てます(経験談)。 

 

 

襷ガルドが勝てない相手としてメガギャラドスポリゴン2などがいるので、そいつらには後ろで倒すように組んでいきました。

 

 

ガルーラ@ガルーラナイト

特性:肝っ玉

性格:意地っ張り

努力値:4-236-4-0-12-252

実数値:181-159-101-x-102-142

技構成:猫騙し/捨て身タックル/不意打ち/地震

 

6世代の遺産兼メガギャラドスに強い枠。後出しからでも滝登りでひるまなければ処理できます。

親子愛の仕様変更により火力が出にくくなってしまったので意地っぱりにし、Sも準速にしておけばS100族未満のポケモンは大体抜けるだろうと思ったので意地ASぶっぱに。そこからDL対策等を施して上のような配分になりました。あまりないけどメガガルミラーでかなり楽になります。

技は、メガギャラはもちろん、他の積エースにも役割を持ってほしいので猫捨て身不意まで確定で残り一枠は範囲を取る地震を選びました。

 わりとメガガルクソナメ構築が多かったので使いやすかったです。いかに6世代のメガガルーラちゃんがキマってたかがよーくわかりました。

 

 

 

ガブリアス@ドラゴンZ

特性:鮫肌

性格:意地っ張り

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-200-116-90-105-154

技構成:逆鱗/地震/炎の牙/剣の舞

 

ここまで対面思考のポケモンが続いたので、崩しをおこなえるポケモンが欲しいということでガブリアス君に崩しをしてもらうことになりました。

技は逆鱗地震剣舞は確定として残り一枠はここまでで重いテッカグヤを崩せる炎の牙にしました。

 持ち物はドラゴンZ。これがなかなか便利で、単純に火力増強として打つも良し、逆鱗で技を縛りたくないけどドラゴン技を打ちたいときに打つのも良し、最後っ屁としてぶちかますのも良し、と多岐にわたる活躍を見せてくれました。

性格を意地っ張りにしたのはS102未満のポケモンがあまりSに補正をかけてなさそうに思ったのと、単純に火力が欲しかったからです()。

何持たせて何やらせても強いですねこいつ。流石10年間トップメタなだけありますね。

 

 

カプコケコ@食べ残し

特性:エレキメーカー

性格:臆病

努力値:124-0-0-48-84-252

実数値:161-x-105-121-106-200

技構成:10万ボルト/毒毒/守る/身代わり

 

ガブリアスだけじゃ崩しが足りないと思ったので、もう一枚の崩しの枠としてカプ・コケコを投入。コケコが本来呼ぶ相手に刺さる毒守型で運用してみました。

技構成は毒守するので上の4つで確定。持ち物は当然残飯。調整はSにぶっぱ、Hは16n+1にし、B<DになるようにDに振り、余りをCへ。

悪くない使用感でしたが、スカガブに微妙に安定しない、アローラガラガラが骨ブーメランを持っているとちょっとめんどくさい点が気になりました。ボルトロスの飛行タイプと悪戯心は偉大だと実感しました...。はやくボルトロス使わせてください()。

ただ、ほとんどCに振ってないにもかかわらず10万ボルトは特性のおかげで割と火力が出たとこは良かったです。 

 

 

テッカグヤ@突撃チョッキ

特性:ビーストブースト

性格:勇敢

努力値:244-148-4-20-92-0

実数値:203-154-124-130-133-72

技構成:ヘビーボンバー/地震/火炎放射/目覚めるパワー氷

個体値:V-V-V-V-V-U

 

ここまでガブリアスをなめすぎているのでタイプ的にガブリアスに強いテッカグヤを投入。無難に残飯やどりぎで使おうと思ったのですが、残飯はコケコに取られているので、いろいろ悩んでいたところ面白そうな型↓を見つけたので試験的に採用しました。

【サンムーン・シングル】レーティングSeason1 最速レート2000構築 - 変わらずの意志

 (例によって無断リンクですので問題がありましたら教えてください。すぐに対応させていただきます。)

調整等はリンク先様に詳しく書かれているのでここでは書きません。

かなり幅広いポケモンとタイマンを張れるのでかなり使いやすかったです。一回ビーストブーストが発動すると火力もかなり出るようになるのですが、Sが遅いので基本的には相手の一匹を持っていっておわり、ですね。それでもかなりの仕事量なのですが。

 

 

ミミッキュ@ラムの実

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

努力値:196-252-52-0-4-4

実数値:155-156-107-x-126-117

技構成:じゃれつく/影うち/トリックルーム/呪い

 

自慢の地雷枠。害悪ぶち殺すマン兼ガルが出せない時の積みストッパーとしての役割を担っています。

ここまででバトン構築にかなり薄く、対オニゴーリにも不安が残ったのでそこをメタれるようにトリルと呪いを採用したミミッキュを投入しました。呪いは守る身代わりを貫通し、バトンで引き継がれるので採用し、トリルは呪いをした後バトン先のエースをこちらのポケモンが上から殴れるようので採用しました。

残り2枠は余ったので最低限の対面性能を維持できるようにじゃれつくと影うちを入れました。

調整はとりあえずAぶっぱして、余りで陽気メガギャラの1舞滝登りを耐えるようにHBに振り、余りをDとSに振りました。ガルが出せない時の保険ですね。意地だと乱数ですが、意地なら1舞してもコケコが抜けるのでいいかなと。ここは正直かなり適当に振ったので改善の余地ありありです。

 

呪いという技がとにかく強く、役割対象としてるポケモンや構築にこいつを出せれば無敗でした。トリルは積みストッパーとしての使用だけでなく、単純にテッカグヤとのシナジーをみて使うこともありました。

 

選出率は低いですが、私個人的な考え方として特定の構築を切るということをしたくないので、この枠は必須だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

選出はギルガルド+2匹というパターンが多く、特に多かったのはガルドガルガブとガルドガブカグヤだったように思います。

 

重いポケモンマンムー。うまくガルーラやテッカグヤを合わせないとパーティが半壊します()。

 

構築紹介は以上になります。ここまで見てくださりありがとうございました。

正直穴だらけの構築だと思っているのでアドバイス等お待ちしているのでよろしくお願いします!!!

 

 

 

↓記事を書き終えた時のShowdownのレート 3位です

f:id:tpoket:20161217233457p:plain

 

以下Showdown用テキスト

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Kangaskhan @ Kangaskhanite
Ability: Scrappy
Level: 50
EVs: 4 HP / 236 Atk / 4 Def / 12 SpD / 252 Spe
Adamant Nature
- Fake Out
- Double-Edge
- Sucker Punch
- Earthquake

Garchomp (F) @ Dragonium Z
Ability: Rough Skin
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe
Adamant Nature
- Outrage
- Earthquake
- Fire Fang
- Swords Dance

Aegislash @ Focus Sash
Ability: Stance Change
Level: 50
EVs: 4 Atk / 252 SpA / 252 Spe
Mild Nature
IVs: 30 HP / 30 Def
- Shadow Ball
- Flash Cannon
- Hidden Power [Ice]
- Shadow Sneak

Celesteela @ Assault Vest
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 244 HP / 148 Atk / 4 Def / 20 SpA / 92 SpD
Brave Nature
IVs: 30 Spe
- Heavy Slam
- Earthquake
- Flamethrower
- Hidden Power [Ice]

Tapu Koko @ Leftovers
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 124 HP / 48 SpA / 84 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Thunderbolt
- Toxic
- Substitute
- Protect

Mimikyu @ Lum Berry
Ability: Disguise
Level: 50
EVs: 196 HP / 252 Atk / 52 Def / 4 SpD / 4 Spe
Adamant Nature
- Play Rough
- Shadow Sneak
- Trick Room
- Curse

 

【S17 最高2108 最終2042】秘密の力ガルーラ&ゴツメボルト軸対面構築 改

 

初めましての方は初めまして。そうでないかたはお久しぶりです。とよと申します。TNはミントです。

 

S17、皆さんお疲れ様でした。ORAS環境での最後のシーズン、ということでいつもより気合を入れて臨まれた方も多かったのではないでしょうか。自分もそのクチで、S12以来久々にがっつりレートに潜っていました。

 

前置きはこの辺にして、パーティ紹介に入ります。S17で使用したパーティは以下の2種になります。どちらもS12において使用した以下のパーティを原案として作成しているので、もしよろしければそちらにも目を通していただけると幸いです。

tpoket-poke.hatenablog.com

 

1900まではニンフィア入り、それ以降はマリルリ入りを使用しました。

 

~1900 ボルトガブガルゲンバシャニンフ

f:id:tpoket:20160913204941p:plain

 

1900~

f:id:tpoket:20160913204942p:plain

【個別紹介】

f:id:tpoket:20151119124224g:plain

ボルトロス@ゴツゴツメット

図太い

努力値:220-0-248-4-0-36 (個体値:V-偶-U-V-V-V)

実数値:182-x-133-145-100-136

技構成:10万ボルト/目覚めるパワー氷/気合玉/電磁波

 

このパーティの中核。こいつなしでは何も始まらないといっても過言ではないポケモン。相手のガルーラやボーマンダファイアローにめっぽう強く、削り+麻痺まきをするという役割を担っています。初手において相手パーティを雑に削りにいくのもよし、裏に控えさせて、役割対象に後出ししていってもよしといったポケモンです。

調整は、最速キノガッサ抜き抜きかつHB方面をできるだけ固くした、という感じです。S17で使った個体はS12でのものと違い、友人から借りたものなので詳しい調整はわからないです笑。

S12の時は気合玉の枠に挑発を入れていましたが、今回は気合玉を採用しました。理由は、攻撃範囲が格段に広がることによって削りを行えるポケモンが増え、ボーマンダ+マンムーファイアロー+ナットレイといった役割対象+その取り巻きという並びに強く出ることができるためです。また気合玉があることで、ガルーラを突破できる確率がかなり上昇するので、それだけでも採用価値はあると思います。外れたら台パン。

 

選出率82.4% 選出時先発率27.6% 選出時勝率65.9% 

 

f:id:tpoket:20151119124307g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-x-105-169

技構成:逆鱗/地震/ストーンエッジ/ステルスロック

 

特に語ることもないスカガブ。自分は宗教上の理由で陽気スカガブしか使えないので性格は陽気にしました。火力が足りなくなる分、周りでうまく削ってあげましょう。

調整はASぶっぱの余りB。特に語ることもないですね。

S12の時はステルスロックの枠が炎の牙でした。今回は後述のガルーラが炎技持ちなので、ガブリアスに炎技を仕込む必要性が薄いと感じ、前から興味のあったステルスロックを入れてみました。これにより、サイクルの中でステルスロックを撒くという仕事もこなせるので、使用感は良かったです。

 

選出率36.6% 選出時先発率3.1% 選出時勝率55.5%

 

f:id:tpoket:20151119124136g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り

努力値:132-236-116-0-4-20

実数値:197-192-135-x-121-123 (メガ後)

技構成:秘密の力/不意打ち/グロウパンチ/炎のパンチ

 

最強メガ枠その1。秘密の力+不意打ちによる対面性能や、グロウパンチによる強引な崩しや抜き、さらには3割の麻痺撒きなどもこなす万能親子。†ガルーラに不利対面はない†

調整ですが、秘密の力+不意打ちでのガブリアス突破率を高め、最低限のSを確保しつつ、B方面に厚い調整ということで、以下の記事を参考にさせていただきました。 

iwao-poke.hatenablog.com

無断リンクとなってしまっているので、問題がありましたらすぐに対応しますので連絡をくださると幸いです。)

 

B方面の耐久はかなりあり、安心して動かすことができました。

S12では炎のパンチの枠が岩雪崩でしたが、今回は炎のパンチを選択しました。これにより鋼への打点を得ることができたので、さらに選出しやすく感じました。岩雪崩がないことで物理受けへのゴリ押し性能は若干減少しましたが、グロウパンチ+秘密の力でゴリ押しできなくもないので特に困らなかったです。

今シーズンでも2100チャレンジにてこいつが有効急所を引いて勝つことができたのでやっぱガルモンだなって感じました。

 

選出率56.9% 選出時先発率51.0% 選出時勝率60.2%

 

f:id:tpoket:20151119124313g:plain

ゲンガー@ゲンガーナイト

臆病

努力値:108-0-204-0-0-196

実数値:149-x-126-190-115-192

技構成:祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり

 

最強メガ枠その2。影踏みによって相手のきついポケモンをロックし、削りor突破していく。催眠術もあるので、勝ちの目が薄いときでも6割で戦況がひっくり返ると考えるととんでもなく強い、と考えています。

調整ですが、S12の時にはCSぶっぱで、耐久がなく使いにくい印象だったので、耐久にかなり厚く振った調整として以下のものを参考にしました。

 

blog.livedoor.jp

(こちらも無断リンクとなってしまっているので、問題がありましたらすぐに対応しますので連絡をくださると幸いです。)

 

S12の時と比べ、技構成は変わっていないものの、配分が大きく変わっており、それによりかなり使いやすく感じました。この型はいかに催眠術の試行回数を増やすかが重要であるので、それを意識しながら立ち回りました。ただ、ガルーラに対してあまり強く出れなかったので、身代わりの枠は道連れでもいいかもしれないです。

選出率40.6% 選出時先発率32.8% 選出時勝率68.5%

 

f:id:tpoket:20151119124316g:plain

バシャーモ@ラムの実

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:155-189-90-x-91-132

技構成:フレアドライブ/飛び膝蹴り/鬼火/守る

 

ラムのみを盾にしながら上から炎と格闘の高打点を叩き込んでいき、さらに鬼火で起点も作ることができるお気に入りの型。うまく鬼火を合わせればカバルドンを崩すこともできます。

調整はASぶっぱの残りDです。

S12の時と同じ調整・技でしたが、S12当時よりもクレセリア入りのパーティの数がかなり増えており、あの時よりは出しにくさを感じました。

今シーズン鬼火と飛び膝を外しまくって、自分を不快にさせたランキング一位です。技をしっかり当ててくれればとても強いですが、外すとリカバリーが効かないのがつらかったです。

 

選出率41.2% 選出時先発率60.5% 選出時勝率61.9%

~1900

f:id:tpoket:20160913212810g:plain

ニンフィア@こだわりメガネ

控えめ

努力値:164-0-92-216-8-28 (個体値:V-x-V-U-U-V)

実数値:191-x-97-172-151-84

技構成:ハイパーボイス/サイコショック/目覚めるパワー地面/破壊光線

 

1900までは使ってみたかった眼鏡ニンフィアをパーティに突っ込んでみてました。ものすごい火力が出るのでとても楽しかったです。

調整は、特化メガバシャーモフレアドライブを最高乱数以外耐え、Sは無振り60族+4、あまりCDといった調整です。これだけHに振るとCSメガゲンガーのヘドロ爆弾も耐えることができます。

技ですが、安定打点のハイパーボイス、毒タイプへの打点となるサイコショックヒードラン意識の目覚めるパワー地面、ラス1対面で真価を発揮する破壊光線、の4つにしました。特に破壊光線はとても火力が高く、ラス1対面で数多くのポケモンを粉砕しました。とても楽しかったです(2回目)。

 

選出率41.8% 選出時先発率 30.6% 選出時勝率65.3%

 

1900~

f:id:tpoket:20151119124321g:plain

努力値:100-252-4-0-12-140
実数値:188-112-101-x-102-88
技構成:叩き落とす/アクアジェット/腹太鼓/守る
 
1900~のレート帯ではガルクレセ系統のパーティをよく見たので、それらのメタとして、ニンフィアからマリルリに変えました。
調整はS12のものと変わりません。簡単に言うと、Aぶっぱし、Sにあまりに振らない60族のポケモンを大体抜けるようにSに振って、余りを耐久に振り分けました。
技ですが、S12のころは守るの枠はじゃれつくでしたが、今回ガルクレセメタに特化させるためにじゃれつくを切って守るを入れました。これによりガルーラの猫だましを防ぐことができます。ただ、じゃれつくがないと対応範囲はかなり狭まるので、ガルクレセ以外にはかなり出しにくいポケモンになってしまいました。序盤にレートを上げるためならじゃれつくのほうが100%いいです。
 
選出率38.1% 選出時先発率0.0% 選出時勝率61.9%
 
 
 
 
選出パターンは、ボルトロス+メガ枠+何かという形が多かったと思います。両メガ選出やメガなし選出もしましたが、割合としてはそこまで多くなかったと思います。選出時の段階である程度試合の流れを読みながら選出していく形になります。
 
きついポケモンはたくさんいますが、その中でも特にきついのがけたぐりもちの珠ゲッコウガですね。というかゲッコウガが重くないパーティって存在するの?って感じですが笑。
 
 以上で構築記事を終わります。ここまで見てくださってありがとうございました!
何か質問がありましたら、コメントかTwitterの@tpoket14までお願いします。
 

 

(最高レート)

f:id:tpoket:20160914011957j:plain

 
(最終レート)

f:id:tpoket:20160914011954p:plain

【S12 最高&最終レート2100】 秘密の力ガルーラ&ゴツメボルト軸対面構築 【Showdown1位】

 
はじめまして。とよと申します。TNはミントです。
 
S12でレート2100を達成した記念に構築記事を書いてみよう!という気分になり書きました。
 
またShowdownで3日間くらい1位をキープした構築でもあります(今はもう溶かしてしまっていますが)。
 
初めての記事なので温かい目で見ていただけると幸いです。
 
それではパーティー紹介に移ります!
 
f:id:tpoket:20151118153400p:image
 
【個別紹介】
 
f:id:tpoket:20151119124136g:plain
意地っ張り
努力値:132-228-4-0-20-124
実数値:197-191-121-x-123-136 (メガ後)
 
技構成:秘密の力/不意打ち/グロウパンチ/岩雪崩
 
最強のポケモン。こいつが使いたくて構築を組みました。以前から秘密の力ガルーラには興味があったのですが使うまでには至らずという感じでした。
しかしS11で秘密の力ガルーラが大流行し、結果も残していたのでこれは使うしかないなという考えに至り使うことにしました。
よって秘密の力は確定。そして自分はグロウパンチのないガルーラを使うのが恐ろしく下手なのでグロウパンチを採用。後の2枠は、グロウパンチと合わせて様々なポケモンに負荷をかけられる不意打ちと秘密の力とグロウパンチの両方と相性のいい岩雪崩を採用しました。
 
能力値の調整ですが以下のサイトの調整を参考にさせていただきました。(パクリともいう)
無断リンクですので問題があるようでしたらお手数ですが連絡して頂きたいです。
 
使用感としては、使いやすいの一言でした。秘密の力+不意打ちの対面性能に加え、安定択としての秘密の力の押しやすさや、グロウパンチ+岩雪崩+秘密の力で強引に物理受けを突破したり、グロウパンチ+不意打ちで並耐久を縛ったりとやれることが多いです。
鋼タイプに打点が殆どないので何度も地震を入れたくなりましたが切れる技がないのでこのまま使いました。
 
また自覚も高く、よく秘密の力で麻痺らせたり岩雪崩で怯ませたりしてくれました。
レート2100を賭けたシーズン最後の試合ではA2段階上昇した状態での不意打ちを体力満タンのリザXの急所に当てて勝たせてくれた今シーズンの英雄です。
 
 

f:id:tpoket:20151119124224g:plain

図太い
努力値:236-0-236-4-0-32
実数値:184-x-132-146-100-135 ※V-奇-V-V-V-U
 
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/挑発/電磁波
 
最近流行(?)のゴツメボルトロス。以前ガルーラ+ゴツメサンダーという並びを使っていてなかなか使いやすかったことを思いだし 、ゴツメボルトロスも使ってみようという考えにいたり採用を決めました。
 
調整は図太いオボンボルトロスでよくある調整の流用です。Sを最速ガッサ抜きまで振ったので同系統のボルトロスに先制できるかもしれません。
 
技構成はメインウェポンの10万ボルト、相性補完のめざめるパワー氷、ボルトロスの存在意義ともいえる電磁波までは確定。残り1枠ですが、あるといろいろ便利であろう挑発を入れてみました。
 
使用感としては、対ガルーラボーマンダ性能はかなりのものでしたが、それ以外の物理アタッカーに対しては若干厳しいという感じでした。特殊アタッカーには電磁波を入れるのが精一杯といった感じでした。ただ、挑発+ゴツメでクレッフィや受けループにも強く出れるのは良かったなと思います。
イメージとしてはボルトロスとして最低限の単体性能を持ちつつ対ガルーラ性能をかなり上げたといった感じです。秘密の力ガルーラには土下座。
 

f:id:tpoket:20151119124307g:plain

 
ガブリアス@拘りスカーフ
陽気
努力値:0-252-4-0-0-252
実数値:183-182-116-x-105-169
 
技構成:逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙
 
電気の一貫を切り、多くのポケモンを上から殴ることでフィニッシャーやストッパーとなるスカーフガブリアス。自分はスカガブを使うときは陽気以外ありえないと思っているので陽気。 

 

調整はASぶっぱ残りB。

 

技構成は、安定の逆鱗地震は当然確定。岩技はストーンエッジでないと火力不足なのでストーンエッジ。残りはパーティに炎打点が少ないことから炎の牙を入れました。

 

使用感としては、スカーフにしたことで選出しにくくなってしまったかなと。自分の使い方が悪いだけだと思いますが、技を打ち分けられないガブリアスは選出しづらかったです。しかしスカーフでないとパーティ全体で初速が遅くなってしまうためスカーフ以外を使うことはできませんでした。選出してうまく使ってやると本当に強かったです。

 

f:id:tpoket:20151119124313g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト
臆病
努力値:0-0-4-252-0-252
実数値:135-x-101-222-115-200 (メガ後)
 
技構成 祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり
 
これまた流行(?)の催眠メガゲンガーガルーラが出せそうにないパーティに対して選出し催眠術でごまかしていくポケモン
 
調整はCSぶっぱ残りB。
 
技構成はごまかしのための祟り目、催眠術は確定。残りは安定のメインウェポンのヘドロ爆弾と催眠術の試行回数を増やす身代わり。
 
使用感としては、正直使いにくかったです。催眠術を外すと負け、当てても勝てるとは限らないので自分から不利な運ゲーを持ちかけているように感じました。少なくともこの構築でメガゲンガーを使うならみちずれなどを採用した1対1交換性能の高いメガゲンガーを使うべきでした。
 

f:id:tpoket:20151119124316g:plain

バシャーモ@ラムの実
意地っ張り
努力値:0-252-0-0-4-252
実数値:155-189-90-x-91-132
 
技構成:フレアドライブ/跳び膝蹴り/鬼火/守る
 
炎格闘という広い攻撃範囲で上から押していくことができ、状態異常に耐性を持たせたラムバシャーモ。火力不足になるのは嫌なので意地っ張りで採用した。
 
調整はASぶっぱで残りはダウンロード意識でD。
 
技構成はメインウェポンのフレアドライブ、S上昇のための守るは確定。格闘技は連発できる跳び膝蹴りを選択。残り一枠はバシャーモに後出ししてくるポケモンに刺さる鬼火を入れました。
 
使用感としては、使いやすいの一言でした。加速によって得た高いSから相手を縛っていけるのでとても強く感じました。また鬼火の使用感も良く、様々な場面で安定択として打てました。カバルドンに対しても鬼火から入ることで突破or致命傷を与えることができます。それだけでなく鬼火を打つことでガルーラマリルリの起点にしたり、ゲンガーの祟り目と合わせることもできるのでかなりシナジーしていたと思います。
 

f:id:tpoket:20151119124321g:plain

マリルリ@オボンの実
意地っ張り
努力値:100-252-4-0-12-140
実数値:188-112-101-x-102-88
 
技構成:じゃれつく/はたきおとす/アクアジェット/腹太鼓
 
最近はあまり見なくなった太鼓マリルリ。このパーティ全体で重いローブシンクレセリア、そして鬼火の入った物理アタッカーの前でお腹をたたき全抜きを狙う。
 
調整はAぶっぱした後、Sを60族のSライン争いから抜け出せる程度に振り、残りをHBDに振り分けました。
Sをこれだけ振ることでクチートやその取り巻きのポリゴン2ブルンゲルなどの上を取れるためクチート軸に圧力をかけることが出来ます。

技構成は採用理由のための腹太鼓、抜く理由がないアクアジェットが確定。残りはタイプ一致メインウェポンのじゃれつくと受けに来たナットレイ等を破壊する叩き落とすで決まりです。
 
使用感としては、腹を叩ければ全抜きが見えるところが強いと思いました。選出段階でこのポケモンの前で積めれば全抜きできそうと感じたら積極的に選出するようにしていました。また数値受けの前で強引に積んで負荷をかけ後ろのアタッカーを通すといった使い方もできました。
高レート帯で積んで全抜きできそうなパーティがそこそこいたので環境にはなかなか刺さっていたのかな?と思います。
 
 
 
選出率は
といった感じです。
 
重いと感じたポケモン(構築)は
ゲッコウガクレセリア、霊獣ボルト、ヘラクロス軸です。
ぱっと思いつくのだけでもこれくらい苦手なポケモンがいる欠陥構築ですが、そこは鬼の選出予想+交代読みで何とかカバーしました。
なので安定した戦い方を好む方にはこのパーティは合わないと断言できます。
 
 
以上で構築記事を終わります。ここまで見てくださってありがとうございました!
何か質問等がありましたらコメントかTwitterの@tpoket14までお願いします。
 
 
 
f:id:tpoket:20151119144107j:imagef:id:tpoket:20151119144328p:image
(この時のShowdownは同率1位。この写真を撮る前には単独1位をキープしていました。)